人生が変わる瞬間とは?

人生大改造プログラムの2名の受講生の個別サポートがちょうど終了しました。

それぞれのビフォー・アフターを振り返ると…

まずお一人目のビフォー状態

★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★

・10数年前にパニック障害や不安症、恐怖症を発症

・仕事が続けられなくなり昨年退職

・一人暮らしをやめ今は実家暮らし

・病気や死ぬことへの不安が強い

・仕事を再開したいが、また調子を崩したら
どうしようという不安が強く働けない

・自分が本当にやりたいことがわからない

・このまま一生働けないかもと
将来への大きな不安がある

★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★

4ヶ月前にこんな状態からスタートしました。

ではその後どんな状態になったのかと言うと…

↓↓↓↓

☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆

・病気や死ぬことへの恐怖心がなくなった

・自分の特性や才能、やりたいことがわかった

・それを活かせる仕事が見つかった

・11月から再就職開始

・今の仕事にやりがいを感じ仕事を楽しんでいる

・早くも業績上げて上司から褒められる

・その先にあるさらに自分らしい人生が見えて来た

・物事を客観的に捉えられるようになり、心が軽やかに過ごせるようになった

・体調もとても良い

☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆

まさに人生がググッと動き出し大改造された感じですよね!

ではお二人目のビフォー状態

★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★

・人前で緊張してうまく話せない

・ピアノの発表会が不安

・周りの人とすぐに比較して凹む

・自分の意見が言えない

・心からやりたいことがわからない

・自分に自信が持てない

・いつも不安を抱えている

★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★〜〜★

ではその後どんな状態になったのかと言うと…

↓↓↓↓

☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆

・ピアノの発表会は無事終了&周りからも高評価

・自信のない英語で自己紹介もこなせる

・素の自分を認められるようになった

・友人にNO!と自分の思いを伝えられた

・自分の経験が活かせるやりたいことがわかった

・すでにやりたいことは目の前にたくさんある
と再認識できた。

・毎日心穏やかに過ごせるようになった

☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆〜〜☆

この方も長年人の目が気になったり、自分に自信が持てない状態でしたが、とても軽やかに人生が変化しました。

不安だらけだった将来も、「このまま行くとイイ感じになりそう!」と自然と思えるようにもなりました。

このようにお二人とも、はたから見ると、とっても大きな変化が起きていますが、

実は当の本人はあまり「変わった!」という意識がないのです!

実はこれがある意味、人生大改造プログラムの真骨頂でもあるのですが、

「気づいたら何となくラクになっている^^」

「そう言えば、前はできなかったことができている^^」

「言われてみれば、確かにスタート時とは全然違っている!!」

こんな感じなのです。

従来の成功法則のように、明確な目標を立てて、それに向かってゴリゴリ行動を起こす!と言う手法だと確かに「目標達成できた!」という達成感も味わえます。

しかし、それと裏腹に達成できなかった時の自己嫌悪や劣等感も生み出してしまうのです。

しかも、無理やり変わってもまたすぐに元に戻ってしまうのです。

でも、無意識レベルで変化が起きると別に力を入れなくたって、自然と変化して行くのです。

なので案外自分ではその変化に気づかないのです。

無理なくごくごく自然に変化して行くので常に自分は自分という感じ。

でも自分にとっての「当たり前」がどんどん変わっているので、気づいたら以前の自分とは違っている!という感覚なのです。

実は本当の変化というのは、まるでいつの間にか髪や爪が伸びているように、ナチュラルに起きて来るものなのです。

よくテレビのクイズ番組で、1枚の写真がちょっとずつ変化して行ってどこが変わったのかを当てる問題があります。

段々と背景の建物が薄まって最後にはなくなってしまう。

「最初の写真」と「最後の写真」を見比べると誰でも一瞬で「ココが変わった!」とすぐに違いがわかります。

でも、徐々に変わって行くと案外その変化には気づけないのです。

自分自身の変化もこんな感じです。

私が赤面症を克服した時にも「変わった!」と感じた瞬間はありませんでした。

ふとした時に、「あれ?そう言えば最近赤面してないな??」「ん?いつからだろう?」「何で変わったんだろう??」そんな感じでした。

気づいた時には、すでに変わっていたのです。誰にでもそんな変化は起こせます。

もし今のあなたが、一番苦手としていることがあっても

「あれ?そう言えばいつの間にか○○が気にならなくなっているぞ!」

「あれ?そう言えばいつの間にか○○ができるようになっているぞ!」

そんな未来を実現することは可能なのです。